春日部のお寺・妙善寺住職の本音で綴るお仕事日記

妙善寺住職の高岡秀光が、お寺のことから、知っておくと安心する葬儀の知識などを綴ります

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都銘菓 阿闍梨餅

moblog_61654700.jpg



大好きな阿闍梨餅(あじゃりもち)を頂きました。
京都の銘菓ですがもちっとしていて上品な甘さです。

さて、この『阿闍梨』ですが、なんの名前かご存知ですか?

私たち真言宗や天台宗の密教においてはこの阿闍梨という言葉は
『高貴な身分の僧や天皇の関わる儀式において修法を行う僧に特に与えられる職位』
で大変ありがたい名前なのです。

ちなみに社会を大変な混乱にまねいた某宗教団体もこの名前を重要なポストに使って
アーチャリー(サンスクリット語読み)と名付けてましたね。
仏教をもっともらしく教示して、たくさんの若者を支配していきました。

宗教自体は純粋であり問題はありませんが、それを伝える団体が間違った方向に行くと大変なことになりますね。
『宗教』と『宗教団体』は大きな区別が必要です
スポンサーサイト

| 日記 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。